水害対策の為に

土嚢袋

日本の環境に必要な袋

日本は世界でも雨の多い国です。環境の変化から突発的な豪雨も最近では多発しています。日本の国土の70%は山地であり、急な川が多くて大きな川も出来にくいので氾濫の危険性も高いです。土のう袋は世界的にも水害の多い日本において、生活する人々の安全を守る為に重要な役割を担っています。どの様に利用されているかと言うと、川の氾濫等による水害の被害を小さくする事に使用されています。従来の土のう袋は、麻の袋に土や砂利を積めたものを使用していました。土のう袋は何袋も重ね合わせる事で効果を発揮しますので、水害が予見される場合には実に多くの袋を重ねる重労働でした。水害が予見される際には、準備する作業員の安全確保も必要であり、迅速な準備が必須です。誰でも扱えて簡単に且つ迅速に、土のう袋をセッティングできる様にする事が課題でした。水害が多くなっている現代で開発されたのが、水で膨らむ土のう袋です。これが開発されてから作業も迅速にでき、保管場所にも困らないので都会でも重宝されるようになりました。開発されたのは吸水ポリマーを使用した土のう袋です。砂や砂利ではなく吸水ポリマーだと、普段の重さは400g程であり、誰でも簡単に持ち運べます。また水を吸う事で厚さは15cm以上になるものが一般的で、重ねる事で隙間も少なく水害を軽減できます。土のう袋は自然災害の多い日本で、住民の生活を守る為に使用されています。それもより使いやすく負担の少ない素材が使用されています。

Copyright© 2017 建築現場の安全確保のために|足場シートを利用しよう All Rights Reserved.