情報整理を担う便利なサービス、トラブル会費の為に出来る事は

大事なデータが入っているパソコンが壊れたら業者に相談

対策法

ファイル管理システム

 パソコンなどを利用していると、本体に搭載されているハードディスクの他に、外部に外付けハードディスクを接続し拡張ディスクとして利用したり、不揮発性メモリを利用したメモリディスクを利用する事があります。その際利用されるのがファイル管理システムです。 一般に、ファイル管理システムでは、ファイル名やフォルダ名あるいはディレクトリ名などファイルに関連する情報を記録管理する部分と、実データを記録管理する部分で構成されており、それぞれは異なった領域に記録されています。 通常、ファイルを消去した場合、基本的にはファイルに関する情報を消去するだけで実データまで消去する事はありません。万一、誤ってデータを消去してしまった場合、データ復元ツールを利用すればファイルのデータ復元を行う事は可能です。ただし、実データが保持されている保証はありませんので注意が必要です。 現在のファイル管理システムはデータ復元機能に問題はありますが、既に非常に幅広い利用者によって利用されているため、当面は新たな手法が代等することはないと予測できます。

データ復元機能ない

 現在のファイル管理システムでは、データ復元機能がありません。そのため、一旦データを消去したり、ファイルデータに上書きをした場合には、データ復元を行う事が難しい状況になります。 そこで、現在の対応策としては、パソコンで作業を開始する前のファイルをオリジナルファイルとして別の記録領域に保持しておき、万一の場合そちらのファイルを復活利用する事でデータ復元することがもっとも簡易的な対応策になっています。 この場合、オリジナルファイルに対して施した追加情報や修正情報といった作業内容はすべて破棄されることになります。 そこで、アプリケーションの中には作業前のファイル、作業中のファイルを暫定ファイルとして記録しておき、万一のトラブルの際にでもデータ復元が行なえるような機能が追加され始めてきました。 それでも、全てのアプリケーションにその機能がついているわけではありませんので、現状ではこまめなファイルバックアップを手動で行うのが一番確実な方法といえます。 パソコンによっては経年変化によって動作が不安定になったり、本体のメモリ容量が少なくてハングアップしてしまう場合がありますので、こまめなバックアップが必要です。