情報整理を担う便利なサービス、トラブル会費の為に出来る事は

大事なデータが入っているパソコンが壊れたら業者に相談

データセンターの役割

進化するデータセンターの取り組みについて

データセンタービジネスが一般に理解されてきたのと、クラウドコンピューティングの発展もあり、その利用が拡大しています。そして各社が競争を続けていくなかで、現在のいろんなトレンドを取り組んだデータセンターサービスが注目を浴びています。このトレンドというのは、省エネへの挑戦が大きなものになっており、データセンターのエコ性能を表す指標も出てきています。省エネへの挑戦の主なパターンというのは、大抵はその冷却性能についてで、特に外気導入などを行うことで、冷房設備への稼働を減らすというものが、その主流になっています。これは省エネという全体的なトレンドを受けつつ、サービス利用料への電気料転嫁もおさえることができるので、最大のトレンドとして流行しているのです。

省エネに対応したデーターセンターを選ぶためには

省エネに対応したデータセンターを選ぶポイントとしては、データセンターのエネルギー効率を示すPUEという指標を一つの目安によるといいです。このPUEという値は、そのデータセンターが使用する電気量が、どれだけ顧客から預かっているIT機器に使われているかを示す値です。この値が、1.0に近づくと、それだけ電気を顧客のために利用していることになりますので、結果的に余計な電気を使っていないということになるのです。もちろん設備には照明や付帯設備への電気供給があるので、1.0になるのは難しいのですが、太陽光発電や外気導入などで、電気代をおさえることをしているのです。よってデータセンターを選ぶためには、このPUEという値を公表しているところから、自社の事情にあったところを選ぶと良いのです。