土嚢袋

水害対策の為に

日本は国土のほとんどが山地であり、川も急です。また大陸の様に大きな川ができにくので、雨が多い場合氾濫する可能性も高いのが特徴です。水害を軽減するのに使用されるのが土のう袋です。最近では設置作業の負担から、環境にも考慮して吸水ポリマーを使用した土のう袋が使われています。

足場

軽量化を実現している

足場シートを購入するということであれば、様々な点をきちんと比較しておくことが大事です。現在では、とても多くの商品があるということからきちんと比較してから選択するということが求められていきます。現場に合わせた足場シートが開発されています。

土のう袋

災害時に置いておくと安心

土のう袋は災害時に使用して、水の侵入を防ぐ機能を持っていますが、いざというときに、すぐに使用できる必要があります。特に、女の人でもすぐに対応できるような、持ち運びがしやすいものであれば、さらに便利に使用できることから、水を入れるタイプの吸収ポリマーの入った土のう袋を用意しておくと安心です。

工事現場

費用相場について知る

家の壁や屋根の塗装工事の見積もりにおいて、実は足場シートの費用はかなりかかります。足場シートの相場ですが、一般的な2階建の家で15〜20万円程度です。業者のサービス内容により費用は前後しますが、ぜひ参考にして下さい。

作業員

災害に備えておく

通常の河川工事などで使用する土のう袋は、その用途を踏まえ、重く、しっかりとした設計になっています。しかし、会社などの緊急災害用グッズとしては、女性が使う可能性も考えて、運びやすく扱いやすさが優先されるため、吸水ポリマーを使った土のう袋は、非常に役に立ちます。

建設における安全対策

建設現場

飛来落下事故が多い

東北大震災の復興工事の本格化や東京オリンピック・パラリンピックに向けての施設整備の影響もあり、建設業界は超繁忙が継続しています。建設工事には労災事故が多いので計画時の安全対策は重要です。建築工事では外部足場に足場シートを取り付けて事故件数の多い飛来落下を防いでいます。足場シートはメッシュできているため、高いところから建設現場で使用した資機材や工具を落としても、足場シートの外側に落下することを防ぐことが出来ます。足場シートには1類と2類がありますが、これは強度の差を示しており、資機材や工具の落下を防ぐためには1類を使用する必要がありますが、軽微なごみなどの飛散を防ぐのであれば2類を使用することが可能となります。従来の足場シートは色の選択肢があまりありませんでしたが、最近は多様な色彩の足場シートが製造されており、企業イメージに合致した色の採用が可能となっています。足場シートに汚れがついても簡単に水で流すことが出来ますので、一現場に限らず使いまわしをすることも可能になっており、コストメリットを享受することが可能です。安全上注意を要することは風の強い時の対策です。足場はコンクリートの外壁と繋がっておりますが、足場シートが風を巻き込むと大きな力となりますので足場倒壊の事故につながる結果となります。台風の接近や春一番の季節には天気予報に十分弔意をして風の強い時には足場シートを巻いて風対策とすることが重要です。

Copyright© 2017 建築現場の安全確保のために|足場シートを利用しよう All Rights Reserved.